原因不明の痛み・しびれ
(首・肩・腕)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)によくある症状

  • 手がしびれて冷えを感じることもある

  • 肩こりがきつくなると手もしびれてくる

  • 指先がピリピリして気持ち悪い

  • 手のしびれを自分でも改善していきたい

原因不明の手のしびれ、我慢していませんか

指先がピリピリしたり、感覚が鈍くなる、手の痛みやしびれがあるなど、

どこが原因で症状が起こっているのかわからないと不安を覚えることもあると思います。

 

しびれは痛みと同じように、身体の異常を知らせるサインと言えます。

 

原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。

 

こちらのページを参考に、ぜひ手の痛み・しびれの改善を目指してみてください。

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)
改善メニュー Recommend Menu

手のしびれは離れたところが原因になっている場合もあります

首から肩、手にかけての痛み、しびれはなぜ生じているのでしょうか。

多くは日常生活での「筋肉疲労」が考えられますが、まれに病気からしびれを生じている可能性もありますので注意が必要です。
こちらでは、手がしびれてしまう原因について詳しくご紹介していきます。

 

【首・肩の筋緊張】

 

頚椎から鎖骨周辺の筋緊張によって神経が圧迫されると、手に痛みやしびれを生じる場合があります。

「顔が前に突き出た猫背姿勢」「長時間のスマホの操作」「デスクワーク」などが首肩が緊張する要因として挙げられます。

 

【頚椎椎間板ヘルニア】

 

椎間板が飛び出し、頚椎付近の神経を圧迫した症状になります。
主に加齢が原因となりますが、長時間の下を向いた姿勢によっても生じやすくなっています。

 

【頚椎症】

 

加齢による頚椎の変性で、脊髄や神経根が圧迫、刺激された症状になります。
年代では中高年に発生しやすくなっています。

 

【ホルモンバランスの崩れ】

 

更年期や妊娠、出産など女性ホルモンのバランスが崩れることで「手根管症候群」と呼ばれる、親指、人差し指、中指にかけてのしびれを生じる場合があります。
手根管症候群は手の使いすぎによっても引き起こされる可能性があります。

 

【病気によるしびれ】

 

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)がある場合も手にしびれを生じるケースがあります。
手だけではなく身体の片側が全体的にしびれたり、ろれつが回らなくなったりした場合、生命の危険もありますので早急に医療機関に行くようにしましょう。

 

【手の痛み、しびれも全身を検査する必要があります】

 

ここまでみてきて「原因が患部にあるとは限らない」ということがよくわかるのではないでしょうか。
手に痛みやしびれを生じていても、症状改善のためにはしっかりと全身を確認する必要があるといえます。

日常生活でできる手のしびれを改善・予防する方法

手に痛みが出たり、しびれたりしてしまう原因としては「首肩の疲労、緊張」が主に挙げられます。
日常生活で首肩に負担をかけないようにするためには、どのような対策ができるのでしょうか。

 

【ストレッチ】

 

日常的に首肩まわりのストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておきましょう。

●首のストレッチ

首を左(右)に傾けてやや後方に倒し、顎と鎖骨の間を伸ばすようストレッチしましょう。

●肩甲骨のストレッチ

背中側で指を組み、腕を後ろに引くことで肩甲骨を内側に寄せるようストレッチしましょう。

 

 

【姿勢の改善】

 

下を向いたり、顎を前に突き出したりした姿勢は首の負担になります。
背中を伸ばした正しい姿勢を普段から意識しましょう。
(背中を伸ばそうと無理に腰を反ると腰痛の原因になるのでご注意ください)
背中が硬くて伸ばしにくい場合、上記の肩甲骨ストレッチが姿勢の改善に効果的です。

 

【ウォーキング】

 

ストレス循環不足は身体が固まりやすくなります。
日常的にウォーキングを行い、適度な全身運動をするようにしましょう。
肘を90度に曲げ、腕を前後に振って歩くことで、肩甲骨を大きく動かすこともできます。

 

【身体を冷やさない】

 

身体の冷えは痛みやしびれを感じやすくなります。
上着や暖房器具を調整し、首まわりを冷やさないように注意しましょう。

パルモ神保町整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)】アプローチ方法

原因不明の痛みやしびれは、「筋膜リリース(ストレッチ)」により原因となっている部分の検査を行います。

普段の生活動作に由来するもの姿勢のゆがみが発生させている場合もありますので、カウンセリングや姿勢のチェックを行います。

頚椎の乱れや猫背がある場合は「骨格矯正」を行ないます。

脊柱の調整だけでなく、整った状態が維持できるように、関連する組織への「筋膜リリース(ストレッチ)」「鍼灸」なども行なっていきます。

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を深部に浸透させ、短時間での疼痛の緩和や治癒促進を目指す施術として使っていきます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に合わせて、経穴(ツボ)を刺激する特殊なテープや治療器を使い、肩こりや腰痛の改善、自律神経の乱れの調整を目指す施術です。

 

■テーピング

患部の固定、鎮静効果、筋トーヌス制御、リンパ還流、身体の安定性等を図るために各種テーピングを行います。

 

■骨格矯正

骨盤のずれや背骨のゆがみの調整を行うことで、身体の自然治癒力向上を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

Scar Tissue(瘢痕組織)を取り除き、血流供給の向上を促します。
Fibroblast(線維芽細胞)の活性化を促します。
例えば腱炎などの改善に必要なコラーゲン形成を速めるためGrowth Factor(成長因子)の促進を図ります。

 

■鍼灸

使用する鍼は髪の毛よりも細く、当院では特殊なコーティングがされているものを使っているので、個人差はありますが、刺入時の痛みはごくわずかです。
お灸は昔のものとは違って火傷痕を残すようなものではなく、マイルドに心地よい温かさを感じるお灸で、身体の不調を緩和するとともに高いリラックス効果も期待できます。

 

■温熱療法

身体にとって必要な温熱温度域の熱を身体に入れていきます。
血行を良くし、疼痛物質、疲労物質を取り除いていきます。
温熱刺激により、神経の働きや血液の流れを整えます。寒冷や冷房による痛みや肩こり、腰痛、冷え性、また全身の疲労などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:中根 健(ナカネ タケシ)
全国トップクラスの成績で国家試験に合格。
整形外科などの勤務を経て、パルモ神保町整骨院の院長に就任。
機能解剖学や運動学に基づく施術が得意。
ボディケアも得意で、新人の頃からよく指名も受けていた。
施術で人の役に立ちたいと思い、この仕事を選びました。
身体は、痛めてしまってもすぐに新品と交換することはできません。
患者さんや周りの方に喜んでもらえ役に立つところにとてもやりがいを感じます。
世の中の人を根本から健康にしていきたいと思っています。
お身体でつらいことや、困っていることがあれば、どうぞご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ神保町整骨院
住所〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-20-14
最寄:●東京メトロ半蔵門線/都営新宿線 神保町駅A5出口 徒歩4分
●JR御茶ノ水駅御 茶ノ水橋口 徒歩6分
●千代田線新御茶ノ水駅B3b出口 徒歩7分
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中