四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 痛みで腕が突然挙がらなく
    なった

  • 夜中寝ている時に肩の痛みが
    強くなる

  • 肩が痛くて服の着脱が難しい

  • 今の肩の痛みは四十肩・五十肩ではないかと
    不安だ

肩の強い痛みが生じる四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は中年期に発生しやすい症状で、

肩の強い痛みから日常生活にも大きな支障が出てくることが考えられます。

 

こちらのページでは四十肩・五十肩の原因や対策について詳しくご紹介しています。

 

四十肩・五十肩は時期に合わせた適切なケアが重要になりますので、

肩の強い痛みでお悩みの方はぜひご参考ください。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩が起こってしまう原因

四十肩・五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」と呼び、肩まわりの強い炎症症状を言います。
肩こりと混同されやすいのですが主に「筋疲労」から起こる肩こりと「炎症」が起こる四十肩・五十肩は別症状になります。

それでは、なぜ四十肩・五十肩では肩に炎症が起きてしまうのかをこちらで詳しくみていきましょう。

 

【四十肩・五十肩の考えられる原因】

 

現在のところ肩関節に炎症が起こる原因は分かっていません。

しかし、考えられる原因としては「肩まわりの緊張」「血流不足」が挙げられます。

 

●肩まわりの筋緊張

肩まわりに負担がかかるのは、スポーツ肉体労働だけとは限りません。
肩は関節の安定を筋肉に多く依存しているため、特に動かしていなくても常に負担がかかっていると言えます。

日常生活で自分でも気づかないうちに炎症が積み重なっている可能性もあるのです。
肩まわりの緊張によって血流が悪くなると、微細損傷の回復が追いつかずに炎症が広がってしまうことが考えられます。

 

●加齢、ケガによる筋力低下

加齢ケガの影響で肩関節周辺の筋力が低下している場合、関節を支える力が弱くなるため、周辺の組織に負担がかかりやすくなると言えます。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

強い炎症による「夜間痛」「可動域制限」が四十肩・五十肩の特徴的な症状になります。

 

●夜間痛

夜中に痛みが強くなり、眠れなくなるケースも多くなっています。

 

●可動域制限

肩の挙上、結髪動作(髪を結ぶ動作)、結帯動作(帯を結ぶ動作)に制限が出ることがあります。
炎症の積み重ねによって、滑液包や関節包が癒着することで動きに制限が出ると考えられています。

 

【関節が動く場合は肩板損傷の可能性もあります】

 

可動域制限はないけど「肩を上げる際に力が入りにくい」「肩の動きが悪くなった」場合は肩板損傷の可能性があります。

「四十肩・五十肩」「肩板損傷」いずれにせよ症状の中には深刻なものもあるため、自己判断せずに医療機関、接骨院・整骨院に早めに相談するようにしましょう。

四十肩・五十肩の日常でできる対処法・予防法

夜間痛や肩を挙げた際の強い痛みがみられる場合、どのような対処を行うことで早期対処を目指せるのでしょうか。

また、四十肩・五十肩を起こさないように日常でしっかりと予防もしていきたいものです。

こちらでは、四十肩・五十肩の時期に合わせた対処法と日常でできる予防方法について詳しくご紹介していきます。

 

【四十肩・五十肩の対処法】

 

●炎症期

炎症が強く出ている時期になります。
無理に動かさず、湿布を貼ったり氷水で冷やしたりして炎症を抑えることが大切です。(冷やしすぎにはご注意ください)

 

●慢性期

強い痛みから「鈍く突っ張ったような痛み」へと移行していきます。
今度は温めるようにして、ストレッチや体操で関節をできる範囲で動かしていきましょう。(痛みが強い場合は休んでください)

 

●回復期

徐々に痛みと可動域制限が取れてくる時期になります。
引き続きストレッチ、体操で関節の柔軟性をつけるようにしましょう。

 

【四十肩・五十肩の予防法】

 

●肩まわりのストレッチ

日常的に肩まわりをストレッチし、血流をよくしておきましょう。

 

●正しい姿勢を意識する

背中が丸まり肩が前方にひねられた「巻き肩」になっていると、肩まわりの負担になってきます。
胸を張った正しい姿勢を普段より意識しましょう。

 

●適度な運動

肩まわりの筋緊張をやわらげるために、日常的に適度な全身運動を行いましょう。
腕を前後に振った大股歩や、肩を大きく動かす水泳などがおすすめです。

パルモ神保町整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

急性期には、電気療法パルス鍼療法アイシング等を行い炎症や腫れを抑えていきます。

また、ハイボルト療法」にてアプローチしていき、鎮痛や早期回復を目指します。
また、必要に応じて、テーピング固定療法を行います。

急性期を過ぎ回復期に入ったもの、拘縮しているものは、温熱療法運動療法筋膜リリースなどを行い早期回復と拘縮予防を図るのが大切です。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を深部に浸透させ、短時間での疼痛の緩和や治癒促進を目指す施術として使っていきます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に合わせて、経穴(ツボ)を刺激する特殊なテープや治療器を使い、肩こりや腰痛の改善、自律神経の乱れの調整を目指す施術です。

 

■テーピング

患部の固定、鎮静効果、筋トーヌス制御、リンパ還流、身体の安定性等を図るために各種テーピングを行います。

 

■骨格矯正

骨盤のずれや背骨のゆがみの調整を行うことで、身体の自然治癒力向上を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

Scar Tissue(瘢痕組織)を取り除き、血流供給の向上を促します。
Fibroblast(線維芽細胞)の活性化を促します。
例えば腱炎などの改善に必要なコラーゲン形成を速めるためGrowth Factor(成長因子)の促進を図ります。

 

■カッピング

オリンピック選手やプロスポーツ選手などがコンディション調整で使用していて話題となりました。
カップを使い皮膚を引っ張り上げて、体内に滞っているドロドロとした血液を、皮膚の表面に引き上げます。
そうすることで、血液やリンパ液の循環を良くし、肩こりや腰痛等の症状の緩和が期待できます。
さらに皮膚の若さを保ったり、内臓器官の活発化、体内組織の強化にも効果的です。
カッピング療法の特徴として吸引後に跡が残りますが、吸引の強さを調節できますので、事前にお申し付け下さい。

 

■鍼灸

使用する鍼は髪の毛よりも細く、当院では特殊なコーティングがされているものを使っているので、個人差はありますが、刺入時の痛みはごくわずかです。
お灸は昔のものとは違って火傷痕を残すようなものではなく、マイルドに心地よい温かさを感じるお灸で、身体の不調を緩和するとともに高いリラックス効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:中根 健(ナカネ タケシ)
全国トップクラスの成績で国家試験に合格。
整形外科などの勤務を経て、パルモ神保町整骨院の院長に就任。
機能解剖学や運動学に基づく施術が得意。
ボディケアも得意で、新人の頃からよく指名も受けていた。
施術で人の役に立ちたいと思い、この仕事を選びました。
身体は、痛めてしまってもすぐに新品と交換することはできません。
患者さんや周りの方に喜んでもらえ役に立つところにとてもやりがいを感じます。
世の中の人を根本から健康にしていきたいと思っています。
お身体でつらいことや、困っていることがあれば、どうぞご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ神保町整骨院
住所〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-20-14
最寄:●東京メトロ半蔵門線/都営新宿線 神保町駅A5出口 徒歩4分
●JR御茶ノ水駅御 茶ノ水橋口 徒歩6分
●千代田線新御茶ノ水駅B3b出口 徒歩7分
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中