脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 転倒して手を
    ついたら肩が
    動かなくなった

  • あくびをした後
    口が閉じなく
    なった

  • 脱臼の再発を
    予防したい

  • 脱臼から
    できるだけ
    早く部活に
    復帰したい

適切な処置で脱臼からの早期回復を目指しましょう

脱臼はスポーツや日常生活での転倒、事故によって発生しやすくなっています。

 

再発しやすいケガでもあるため、受傷後の処置はもちろん予防も大切になってきます。

 

こちらのページでは脱臼の症状や対策について詳しくまとめていますので、

スポーツをされている方、脱臼を繰り返してしまっている方はぜひご参考ください。

脱臼改善メニュー Recommend Menu

脱臼の種類や固有症状について

脱臼は関節が正常な位置から外れてしまったケガになります。

脱臼に伴い関節周辺の組織も大きく損傷してしまうため、正しい処置をしていくことが重要です。

こちらでは、脱臼の特徴的な症状や原因について詳しくご紹介していきます。

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

関節に強い外力が加わることで、脱臼した症状になります。

・転倒した際に手をついた
・コンタクトスポーツで相手選手と衝突した
・柔道の背負い投げで肩を強く捻った

といった際に起こりやすいとされています。

 

 

●病的脱臼

関節の異常によってわずかな外力、もしくは外力なしで脱臼した症状です。

 

・麻痺性脱臼

麻痺によって関節を支えられなくなり、脱臼した場合のことを言います。
脳性麻痺、神経麻痺、脳血管障害による片麻痺などが挙げられます。

・拡張性脱臼

関節内の炎症によって関節が拡張し、脱臼した場合のことを言います。
股関節結核、急性化膿性股関節炎などが挙げられます。

・破壊性脱臼

関節の構造が破壊されることで、脱臼した場合のことを言います。
関節リウマチなどが挙げられます。

 

【脱臼の程度による分類】

 

・完全脱臼:関節が完全に外れて、離れてしまったこと。
・不全脱臼(亜脱臼):関節の一部が外れてしまったこと。部分的には接触している。

 

【脱臼の固有症状】

 

他の外傷にもみられる「疼痛」「腫脹(内出血による腫れ・関節血腫)」「機能障害(関節運動の制限)」以外に、脱臼には次のような固有症状がみられます。

・弾発性固定:脱臼した位置に関節が固定され、押して動かしてみてもまた元の位置に戻ろうとする特徴があります。
・変形:関節がズレることで、外観にも変形が確認できます。

脱臼は一度起こすと関節の構造が壊れたり、靭帯が緩んだりすることで不安定性が残りやすくなります。
特に肩関節、顎関節の脱臼は再発しやすいと言われています。

脱臼の処置方法と日常でできる予防方法について

痛みや腫れとともに「弾発性固定」「関節の変形」といった脱臼の固有症状がみられた場合、どのような処置が適切なのでしょうか。

こちらでは、急性の外傷に重要な「RICE処置」を中心に、脱臼の対処法・予防方法について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

Rest(安静)
損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。

Icing(冷却)
炎症と腫脹を抑えるために、アイスパックや氷水で患部を冷却します。(冷やしすぎにご注意ください)

Compression(圧迫)
腫脹を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

Elevation(挙上)
内出血を抑えるために、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

RICE処置をしましたら、できるだけ早急に医療機関、整骨院・接骨院に行き「整復(関節を元の位置に戻す施術)・固定」といった専門的なケアを受けるようにしましょう。

時間が経つほど関節が固まって動かしにくくなり、回復にも時間がかかってしまうことが考えられます。

※整骨院・接骨院では国家資格を有した専門家が応急処置をいたします。
整復・固定・エコー検査を行い、必要に応じて提携した医療機関にご紹介します。

 

【日常で行える脱臼の予防方法】

 

●テーピング、サポーター

関節が大きく動かされることで脱臼が起こりやすくなっています。
運動時や肉体労働時には、テーピング、サポーターによって関節を保護しておくと再発の予防になります。

 

●リハビリ

脱臼は長期の固定が必要になるため、関節周辺の柔軟性と筋力が低下しやすくなっています。
脱臼後のストレッチや筋力トレーニングが再発予防として重要です。

※整骨院・接骨院では医師の同意のもとで脱臼後のリハビリも可能です。(肩関節を安定させるローテーターカフのリハビリ強化など)

パルモ神保町整骨院の【脱臼】アプローチ方法

当院ではケガをした状況や受傷肢位、骨折等の合併、神経障害などを確認し、整復及び固定を行います。
提携する医療機関もご紹介いたします。
その後医師の同意の上、後療法(いわゆるリハビリ)を行い、早期回復を目指していきます。
また、物理療法手技療法などを行っていきます。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガの場合は健康保険の適用となります。固定療法や手技を使って、ケガの早期回復を目指します。
次の症状はケガをしている可能性があります。
じっとしていて痛い、押すと痛い、関節の動きが悪い、動かすと痛い、患部が腫れたり盛り上がっている
このような場合はなるべく早めにご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を深部に浸透させ、短時間での疼痛の緩和や治癒促進を目指す施術として使っていきます。

 

■特殊固定具

特殊な固定具により、骨折や脱臼などの整復位を保ち、再転位を防止して、患部を安静に保ちます。
固定により、患部の可動域を制限し、損傷組織の良好な治癒環境を作ります。また、骨などの変形を防ぎ、適切に矯正していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

Scar Tissue(瘢痕組織)を取り除き、血流供給の向上を促します。
Fibroblast(線維芽細胞)の活性化を促します。
例えば腱炎などの改善に必要なコラーゲン形成を速めるためGrowth Factor(成長因子)の促進を図ります。

著者 Writer

著者画像
院長:中根 健(ナカネ タケシ)
全国トップクラスの成績で国家試験に合格。
整形外科などの勤務を経て、パルモ神保町整骨院の院長に就任。
機能解剖学や運動学に基づく施術が得意。
ボディケアも得意で、新人の頃からよく指名も受けていた。
施術で人の役に立ちたいと思い、この仕事を選びました。
身体は、痛めてしまってもすぐに新品と交換することはできません。
患者さんや周りの方に喜んでもらえ役に立つところにとてもやりがいを感じます。
世の中の人を根本から健康にしていきたいと思っています。
お身体でつらいことや、困っていることがあれば、どうぞご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ神保町整骨院
住所〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-20-14
最寄:●東京メトロ半蔵門線/都営新宿線 神保町駅A5出口 徒歩4分
●JR御茶ノ水駅御 茶ノ水橋口 徒歩6分
●千代田線新御茶ノ水駅B3b出口 徒歩7分
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中