打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 足の上に物を
    落とし打撲して
    しまった

  • スポーツで相手選手と衝突し
    強打した

  • タンスの角に指をぶつけて
    しまった

  • 打撲したあと大きく腫れてきた

打撲は素早い処置が重要です

「自転車で転倒した」「段差につまづいた」「重たいものを足に落としてしまった」など、

打撲は日常でもよくみられるケガになります。

 

「放っておけば治る」と軽視される方も多くいらっしゃいますが、

痛みや腫れを早く取り除くためには受傷直後における早期処置が重要です。

 

こちらのページでは、打撲の症状や原因、正しい処置方法について

詳しくまとめてありますのでぜひご参考ください。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲の主な症状と原因について

打撲は身体を強くぶつけることで発生したケガのことを言います。

日常生活でも起こりやすい症状になりますので、正しい処置法を知っておくことが大切です。

打撲の症状と原因についてこちらで詳しくご紹介していきます。

 

【打撲の症状】

 

身体を強打し、皮下組織を損傷することで次のような症状がみられます。

 

●疼痛

打撲した部分やその周辺に自発痛圧痛がみられます。

また、炎症症状がみられる場合、患部に熱感を触れることがあります。

 

●腫脹

内出血によって患部が腫れ、紫色に変色する場合があります。
ぶつけた直後よりも、しばらく時間が経ってから痛みや腫れが出てくることが多くみられます。

また、頭部の打撲ではたんこぶができる場合もあります。

 

●機能障害

関節周辺の打撲や筋損傷(筋挫傷)が激しい場合、運動に制限がみられる場合があります。

 

【打撲の原因】

 

スポーツでの衝突、転倒によって発生しやすくなっています。

・アメフト、ラグビーでの相手選手との衝突
・サッカーでの転倒
・野球のデットボール
などが挙げられます。

また、打撲はスポーツだけではなく日常生活でもよくみられます。

・つまづきやスリップによる転倒
・ものが上から落ちてくる
・扉に手をはさむ
・角にぶつける
・交通事故

など、日常生活の中でも起こりやすいケガと言えます。

打撲をした際の対処法について

スポーツや日常生活で身体を強くぶつけてしまった場合、そのまま放置してしまっていませんか。

打撲の早期回復、悪化防止のためにも適切な対処を行うことが重要です。

こちらでは急性の外傷に重要な「RICE処置」を中心に、打撲の対処法について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

打撲が疑われる場合、素早くRICE処置を行いましょう。

Rest(安静)
皮下組織の損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。

Icing(冷却)
炎症と腫脹を抑えるために、アイスパックや氷水で患部を冷却します。(冷やしすぎにご注意ください)

Compression(圧迫)
腫脹を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

Elevation(挙上)
内出血を抑えるために、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

内出血、腫脹を広げてしまうと知覚神経が刺激され、痛みが強くなってしまうおそれがあります。
また、腫れによって血管が圧迫されると循環が悪くなり、回復にも時間がかかってしまうことが考えられます。
受傷直後は変化がみえにくいかもしれませんが、できるだけ早急にRICE処置を行うことがその後の回復スピードにも影響を与えます。

 

【ケガの予防にはテーピング】

 

テーピングによる圧迫、固定によって打撲の早期回復を図ることができます。
また、テーピングをして患部を保護しておくとケガの予防になると考えられます。

 

パルモ神保町整骨院の【打撲】アプローチ方法

打撲は、受傷して初期の手当てがとても大切です。

電気療法アイシング圧迫固定法等を行い、炎症と腫脹の軽減を目指します。

また、「ハイボルト療法」で除痛や早期回復を目指します。
必要に応じて、各種テーピングや包帯固定を行ないます。

回復期に入ってからは、瘢痕化を防ぐために、温熱療法等を行っていきます。

 

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガの場合は健康保険の適用となります。固定療法や手技を使って、ケガの早期回復を目指します。
次の症状はケガをしている可能性があります。
じっとしていて痛い、押すと痛い、関節の動きが悪い、動かすと痛い、患部が腫れたり盛り上がっている
このような場合はなるべく早めにご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を深部に浸透させ、短時間での疼痛の緩和や治癒促進を目指す施術として使っていきます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

症状に合わせて、経穴(ツボ)を刺激する特殊なテープや治療器を使い、肩こりや腰痛の改善、自律神経の乱れの調整を目指す施術です。

 

■テーピング

患部の固定、鎮静効果、筋トーヌス制御、リンパ還流、身体の安定性等を図るために各種テーピングを行います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

Scar Tissue(瘢痕組織)を取り除き、血流供給の向上を促します。
Fibroblast(線維芽細胞)の活性化を促します。
例えば腱炎などの改善に必要なコラーゲン形成を速めるためGrowth Factor(成長因子)の促進を図ります。

 

■温熱療法

身体にとって必要な温熱温度域の熱を身体に入れていきます。
血行を良くし、疼痛物質、疲労物質を取り除いていきます。
温熱刺激により、神経の働きや血液の流れを整えます。寒冷や冷房による痛みや肩こり、腰痛、冷え性、また全身の疲労などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:中根 健(ナカネ タケシ)
全国トップクラスの成績で国家試験に合格。
整形外科などの勤務を経て、パルモ神保町整骨院の院長に就任。
機能解剖学や運動学に基づく施術が得意。
ボディケアも得意で、新人の頃からよく指名も受けていた。
施術で人の役に立ちたいと思い、この仕事を選びました。
身体は、痛めてしまってもすぐに新品と交換することはできません。
患者さんや周りの方に喜んでもらえ役に立つところにとてもやりがいを感じます。
世の中の人を根本から健康にしていきたいと思っています。
お身体でつらいことや、困っていることがあれば、どうぞご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ神保町整骨院
住所〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-20-14
最寄:●東京メトロ半蔵門線/都営新宿線 神保町駅A5出口 徒歩4分
●JR御茶ノ水駅御 茶ノ水橋口 徒歩6分
●千代田線新御茶ノ水駅B3b出口 徒歩7分
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中