骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 身体を強く
    ぶつけたあと
    患部が大きく
    腫れてきた

  • 骨折か捻挫か
    判断ができない

  • 骨粗鬆症が
    あるので
    骨折しないか
    不安だ

  • 骨折の正しい
    処置方法を
    知りたい

骨折は素早い対処が重要です

骨折はスポーツ現場でよく起こるケガになりますが、

日常でも転倒や衝突によって発生する可能性はあります。

 

骨折は他の外傷と比較して痛みや腫れが強く出やすいため、早急な対処が重要です。

 

こちらのページでは骨折をテーマにまとめてあります。

 

原因や症状、正しい対処法についてご紹介していますので、ぜひご参考ください。

骨折改善メニュー Recommend Menu

骨折の種類や特徴的な症状について

骨折は骨の連続性が断たれたケガのことを言います。
他の外傷と比較して、腫れや内出血が強く出やすいため早急な対処が求められます。

こちらでは、骨折の種類や症状について詳しくみていきましょう。

 

【骨折の種類】

 

●外傷性骨折

強い外力が身体に加わることで発生した、急性外傷による骨折になります。
「コンタクトスポーツでの衝突」「転倒、転落」「交通事故」などが、主な受傷機転として挙げられます。

 

●疲労骨折

繰り返しの外力が加わることで発生した骨折になります。
「ランニング、ジャンプ動作の繰り返しによる足の疲労骨折」「ゴルフのスイングによる肋骨の疲労骨折」などがあります。

 

●病的骨折

病気によって骨が脆くなり、非常に弱い外力によって骨折してしまったことを言います。
骨が弱くなる原因としては「骨粗鬆症」「骨肉腫」「がんの骨転移」などが挙げられます。

 

【骨折の程度による分類】

 

完全骨折
骨の連続性が完全に断たれ、離れてしまったことを言います。

不全骨折
一部、骨の連続性が保たれているものになります。ヒビ、亀裂骨折、骨膜下骨折、陥凹骨折などがあります。

 

【骨折の固有症状】

 

他の外傷にもみられる「疼痛」「腫脹」「機能障害」以外に、骨折には次のような固有症状がみられる場合があります。

・転位と変形

骨が完全に離断している場合、骨が元の位置から転位し、外観にも変形を確認できることがあります。

・軋轢音

折れた骨同士がぶつかることで「コツコツ」「ぐずぐず」とした軋轢音を触知することがあります。

・異常可動性(異常運動)

完全に折れている場合、関節以外の場所で骨が大きく動いてしまうことがあります。

 

【骨折の全身症状】

 

●ショック症状

大量の内出血で全身の循環バランスが崩れると「顔面蒼白」「チアノーゼ」「脈拍が触れなくなる」「虚脱」「手足の冷え」といったショック症状がみられる場合があります。

 

●発熱

血腫や内出血が吸収される際、37〜38℃の発熱症状がみられる場合があります。

 

【骨折の特徴的な痛みの出方】

 

これだけで骨折である、と断定はできませんが、骨折と他のケガを見分けるには次のポイントが挙げられます。

 

●限局性圧痛

骨折部に限局した圧痛がみられます。
骨にも知覚神経が豊富に走っているため、他の外傷と比較して痛みは強めに出ることが多いです。

 

●介達痛

骨折部より離れた場所から「振動」「軸圧」「牽引」を加えると、患部に痛みが響きます。

 

【骨折の併発症】

 

・筋肉や腱など軟部組織損傷
・末梢神経損傷
・血管損傷
・関節損傷
など。

骨折端や骨欠によって損傷が広がるおそれもありますので、特に完全骨折の場合は無理に動かさないようにしましょう。

骨折をした際の正しい対処法について

スポーツや日常生活において骨折が疑われる場合、誤った対処をしてしまうと悪化に繋がる可能があります。
そのため、ケガをした際の適切な対処を知っておくことも重要です。

こちらでは急性の外傷に重要な「RICE処置」を中心に、骨折の適切な対処法、予防方法について詳しくご紹介します。

 

【RICE処置】

骨折が疑われる場合は、早急にRICE処置をしましょう。

Rest(安静)
骨損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。
※骨折部分は固定して安静にしつつ、患部には影響のない周辺の関節は積極的に動かした方が血流が改善し、骨の回復が早いと言われています。

Icing(冷却)
炎症と腫脹を抑えるために、アイスパックや氷水で患部を冷却します。(冷やしすぎにご注意ください)

Compression(圧迫)
腫脹を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

Elevation(挙上)
内出血を抑えるために、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置はあくまでも応急処置です。
できるだけ早く医療機関、整骨院・接骨院に行って「整復(骨を正しい位置に戻す)、固定」といった専門的な処置を受けるようにしましょう。

時間が経つほど骨が整復されにくくなり、回復にも時間がかかってしまうことが考えられます。
また、骨折を放置してしまうと変形が残ってしまうおそれもあります。

 

【日々の骨折予防方法】

 

スポーツや日常生活において「衝突」「転倒」は骨折のリスクを高めてしまいます。

コンタクトスポーツをされている方は無理な接触プレーは避けるようにしましょう。
また、スクワットによる体幹トレーニング、片足立ちのバランストレーニングを行い、転倒しにくい身体作りをしていくことが骨折の予防に繋がってきます。

 

【骨の治癒過程】

 

●炎症期

炎症が強く出る時期で、患部が赤く腫れることもあります。

 

●仮骨形成期

仮骨が形成されて骨の修復が開始される時期になります。

 

●仮骨硬化期

仮骨の強度が増してくる時期になります。

 

●リモデリング期

破骨細胞による骨破壊と、骨芽細胞による再造形を繰り返しながら仮骨が本来の骨に置き換わってくる時期になります。

パルモ神保町整骨院の【骨折】アプローチ方法

ケガをした状況や受傷肢位、全身への合併症、神経障害などを確認し、整復及び固定を行います。

 

提携する医療機関もご紹介いたします。

 

その後は医師の同意の上、後療法(いわゆるリハビリ)を行い、早期回復を目指します。

物理療法手技療法などを行っていきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガの場合は健康保険の適用となります。固定療法や手技を使って、ケガの早期回復を目指します。
次の症状はケガをしている可能性があります。
じっとしていて痛い、押すと痛い、関節の動きが悪い、動かすと痛い、患部が腫れたり盛り上がっている
このような場合はなるべく早めにご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を深部に浸透させ、短時間での疼痛の緩和や治癒促進を目指す施術として使っていきます。

 

■特殊固定具

特殊な固定具により、骨折や脱臼などの整復位を保ち、再転位を防止して、患部を安静に保ちます。
固定により、患部の可動域を制限し、損傷組織の良好な治癒環境を作ります。また、骨などの変形を防ぎ、適切に矯正していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

Scar Tissue(瘢痕組織)を取り除き、血流供給の向上を促します。
Fibroblast(線維芽細胞)の活性化を促します。
例えば腱炎などの改善に必要なコラーゲン形成を速めるためGrowth Factor(成長因子)の促進を図ります。

著者 Writer

著者画像
院長:中根 健(ナカネ タケシ)
全国トップクラスの成績で国家試験に合格。
整形外科などの勤務を経て、パルモ神保町整骨院の院長に就任。
機能解剖学や運動学に基づく施術が得意。
ボディケアも得意で、新人の頃からよく指名も受けていた。
施術で人の役に立ちたいと思い、この仕事を選びました。
身体は、痛めてしまってもすぐに新品と交換することはできません。
患者さんや周りの方に喜んでもらえ役に立つところにとてもやりがいを感じます。
世の中の人を根本から健康にしていきたいと思っています。
お身体でつらいことや、困っていることがあれば、どうぞご相談ください。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ神保町整骨院
住所〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-20-14
最寄:●東京メトロ半蔵門線/都営新宿線 神保町駅A5出口 徒歩4分
●JR御茶ノ水駅御 茶ノ水橋口 徒歩6分
●千代田線新御茶ノ水駅B3b出口 徒歩7分
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院 公式SNSアカウント パルモ神保町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ神保町整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中